RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
鹿男あをによし
評価:
万城目 学
幻冬舎
---
(2007-04)
(あらすじ)
奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。タイトルの「あをによし(青丹よし)」とは枕詞で奈良の前につく修辞である。

9月、「おれ」はとあるきっかけで大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。「おれ」は鹿がしゃべるのを聞いてしまう。その鹿とは1800年前から人間を守りつづけた存在であり、60年に1度行われる目を運ぶ儀式の「運び番役」に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、女性の「使い番役」から渡されると話す鹿であったが、実際には違うものが渡された。訳が分からない「おれ」に鹿は印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。 そして、同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。

一方、勤務する高校では年に一度の関西地方の三校によるスポーツイベント「大和杯」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが・・・(Wikipediaより)


☆2008年1月17日からフジテレビ系で毎週木曜22:00〜玉木宏主演の連続テレビドラマとして放送される予定。

感想は、途中から面白くなってきたって感じかな。
前評判が良かったので思わず買ってみたんだけど、う〜ん・・・
最初は、「坊ちゃん(夏目漱石)」風かなっと思ったんだけど、
すぐに不思議な世界になって、やや置いてけぼり感。
面白いのは、面白いんだけど、なかなか物語の世界観に入り込めなかったかな。
(多分、個人的にワタシがファンタジー系の話が苦手だからかな)
ただ、ドラマ化になると聞いて、これは絶対!映像化した方がいい作品だと思った。
映像で見るほうが、かなり楽しい作品になると思います。(鹿顔のくだりとか馬
もっと鹿との絡みに笑いをいっぱい入れて欲しかったな。

ワタシのイメージでは藤原君は山田孝之がピッタリだったんだけど、
ドラマでは、女性に変更になるそうで綾瀬はるかになるらしいですね。
主人公の「おれ」の玉木宏、堀田イト役の多田未華子はイメージ通りだね。
なんたって堀田イトは、きれいな野性的魚顔だからね☆
がっかり
author:hirokoocha, category:万城目 学, 20:16
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:16
-, -, pookmark
Comment